【4】VBAのコメントアウトについて

記事で紹介しているエクセル
・エクセル2019 [64ビット版]

目次

コメントアウトとは?

VBAにおけるコメントアウトについて解説いたします。

コメントアウトはVBAに限らず、プログラミング言語の基本です。

そしてコメントアウトとは注釈の事です。

まずは以下のソースコードを見てみましょう。

Sub test3()
    
    'メッセージを表示する
    MsgBox ("HELLO!")
    
End Sub

このソースコードの中でコメントアウトとは

'メッセージを表示する

が該当します。

これを記述しても、プログラムはこれを無視します。

ではなぜ、プログラムが無視するコメントアウトがあるのかと言えば、これは人間のためにあります。

プログラムの記述が膨大になると、書いている本人も、何のために書いた記述か全て覚えていられません。

また、チームでプログラムを作成している際、コメントアウトで注釈があったほうが分かりやすいです。

また、記述したコードを修正などする際、修正前のコードをコメントアウトしておけば、万が一、修正コードが間違っていたとしても、元に戻す事も簡単です。

'MsgBox ("HELLO!")
MsgBox ("Hey, I am VBA.")

VBAにおけるコメントアウトは「’」を使います。

「’」はシングルクォーテーションと呼ばれています。

このシングルクォーテーションをソースコードの先頭に付ける事で、その行をコメントアウトする事ができます。

プログラム言語毎、コメントアウトの方法は若干異なりますが、どの言語でも基本的には先頭にコメントアウト用の文字を付けるので覚えておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる